Archive for: 6 月 2008

2008 年 6 月 30 日

雑感

カテゴリー: 古本の日々 - 30 6 月 2008

昨日はわりと売れて、雨だったので、クロネコさんを呼んで、持っていってもらった。

今日は、わりといいコメントをもらった。ありがとう。
フィードバックのほうに返事を返すと、返事を書いていない人全部に返事を書かなければならないような気分になるので、フィードバックのほうには、返事を書かない。「連絡」-「その他」のほうから、返事を送っておいた。

2冊売れたから、
いま、コンビニエンスストアに出しに行って帰ってきたところだ。

仕入れは、「あれも、これも」というわけにはいかない。
かなり縮小気味。
外に出たときは、なからずと言っていいほど、ブックオフか中古本屋に行っていたのだけど、今日は、行かなかった。しかし、これから行くかも知れない。なんか、風が案外気持ちいいから。

2008 年 6 月 28 日

部屋を片付けるのが面倒

カテゴリー: 本の整理・片付け - 28 6 月 2008

だれも、私の部屋を片付けてくれるわけではないので、自分で片付けなければならない。そのときに目に付くのが、黄色い袋。「これ、どうしようかな」と思う。何かに使えればよいのだけど、ゴミ出しの袋には使えないし、使いまわして発送するわけにもいかないし、どうしよう。けっこうあるな。ブックオフの黄色いやつ。まあ、ダークブルーのやつもあるのだけど、ダークブルーのやつは小さい袋だ。
何個かは、不燃ゴミの袋として使おう。あとは、捨てるしかない。地球に優しくはないな。

2008 年 6 月 26 日

待つべし

カテゴリー: 古本の日々 - 26 6 月 2008

売れてないので、(このサイトを)更新できないなぁ。
今日は、ゼロ、なので、発送する必要がなく、助かってます・・・なんてことはない。昨日は、けっこういい仕入れができたので、気長に待とう。

状態がよければ、是非買いと思う本が3冊あって、・・あれなぁーー。状態さえよければ。びみょーなんだよなぁ。一冊は、カバーがおれていて、なかのページも数ページそれにあわせて織れているという感じのやつで、「おれ」さえなければ、カバーは綺麗だし、中身も当然綺麗。漫画の書き方、テクニックに属する本なのだけど、あの本は、部屋に置いておいても、いいという感じがした。(マンガやイラストは描かないけど)。
もう一冊は、たわみがあるほんで、「これなぁーー」と思った。買うつもりだったんだけど、わざわざ、「難がある」商品を仕入れることもないかと思ってやめた。もう一冊は、カバーが汚い本。

2008 年 6 月 24 日

無題

カテゴリー: 古本の日々 - 24 6 月 2008

1センチの厚さ定規に(押し込めばぎりぎり4センチぐらいは内側に)はいるのに、1センチでは持っていてくれなかったぞ。ぎりぎり、押し込めばはいるというのではだめなのかな。

この間までは、おまけしてくれたのになぁ。(目分量の時)

いつもは、別に気にならないけど、今日はなんかショックだな。
いつから、そんなにシビアになったんだ。

こんどは、
目分量で持っていってもらおう。

ブックオフに行きたくなった

カテゴリー: 古本の日々 - 24 6 月 2008

昨日と、今日と、ブックオフに行ってない。なにか、夜の12時を過ぎたあたりから、むしょーーにブックオフに行きたくなった。午前1時くらいまでやってくれないかなぁ。(午前1時までやるようになったら、午前2時までやってくれとか、そういうことを思うような気がする。ただ軽く言っただけで、そんなに、そうして欲しいわけではない。)

自衛隊の問題集(自衛隊に入るときの試験の問題集)が売れた。あれは、一番近いブックオフで買ったやつで、ずっと残っていたので、売れてよかった。けど、まだ2冊同じようなやつが残っている。

(試験関係だと)赤本は売れない。

洋書を200万冊ぐらい空出品している人たちがいるとするなら、そのような人たちのほうが、やはり、効率がいい(ことをやっていると思う。しかし、あの値段は・・。

次ページへ »